shun-fitness-blog

心、体、脳のしくみを知り人生の質を高めるブログ

Give and Giveマインド 自分から先に与える!

こんにちは、shunです。

 

ブログ開設から1か月が近づき、振り返ると基本的に食事や運動関連の記事が多かったので、今日は自分が大切にしている考え方についてお話しします。

 

タイトルの通りシンプルに、なんでも自分から先に与えていきましょうというものです。

 

この考え方を取り入れてから、自分の心が満たされ、周囲の人達との関係が良くなっていきました。

 

人生のあらゆる分野において、非常に有効なこの考え方。

 

今日はその元となる考え方、実践すると起こる変化について見ていきましょう。

 

先に動かないと何も変わらない

 

僕は20代中盤くらいまで、何に関しても受け身で生きていました。

 

自分からアクションを起こすことはほとんどなく、与えられたときだけ返す、といった感じで自分から与えようとはしませんでした。

 

自分から動かずに、良いことが起こらないかなーと期待していたのです。

 

でもそんな人間には、いいことなんてほとんど起こりません。

 

そのくせ悪いことが起こったり、何かがうまくいかないとすべて外的要因のせいにしていました。

 

当時の自分にこんなことを言ったらものすごく反発してくるでしょうが、

 

単に自分の人生に責任をもつ勇気も器の大きさもなかったのです。

 

 

ろくに自分の内面を磨く努力もせず、大人になったらまともな人間になれるだろうと思っていました。

 

でも、自動的に成長するなんてあり得ません。

 

自分は何も与えないのに、他人にはいろいろ要求する。

 

本当にひどい人間だったなあと思います。

 

 

そんな調子だから、自分に優しくしてくれる人も減っていきます。

 

本気で何かを変えないと、孤独で誰からも愛されない人間になる、という危機感から考え方を変える決意をしました。

 

現実世界は鏡と同じ

 

僕が好きな考え方のひとつに、周囲の人や環境は鏡と同じである、というものがあります。

 

鏡に向かってほほえめば笑顔が、しかめっ面をすればしかめっ面が返ってきます。

 

しかめっ面をしたのに笑顔が返ってくることはないのです。

 

現実世界でも、いつもイライラしてしかめっ面の人に、笑顔で接しようとする人はほとんどいないと思います。

 

(もちろんそういった人にも笑顔で接することができたら素晴らしいですが。)

 

自分が他人からの笑顔が欲しいなら、自分から笑顔で接することが最も簡単に他人からの笑顔を得る方法です。

 

 

僕は笑顔に限らず、

 

 ・ 自分から話しかける

 ・ 相手をよく見て褒める

 ・ 自分からお誘いする

 ・ 相手を気遣う

 

といったことを意識しています。

 

これらを実行し始めてから、自分も同じように接してもらえることが格段に増えました。

 

 

人間には返報性の原理というものがあります。

 

何かをもらったら、お返しがしたくなる心理のことです。

 

この原理は物理的なものだけでなく、言葉や態度、心理的なものにも作用します。

 

他人から何かが欲しいなら、先出しで与えることが大切なのです。

 

と同時に見返りを期待しないことも大切です。

 

返ってこなかったとき、イライラしたり落胆する原因になります。

 

先に与えたからといって、必ず返ってくる訳ではありませんからね。

 

相手の態度に関係なく、自分を貫く

f:id:shun47:20190322204237j:plain

これは、僕のなかで1、2を争うほど大切にしている考え方です。

 

多くの人は周囲の状況や相手の出方に反応して、自分の態度を変えていると思います。

 

それは当たり前のことかもしれません。

 

でも僕はそういった反応的な生き方をやめたかったのです。

 

自分の人生に起こることをすべてコントロールするのは無理でも、せめて自分の受け取り方は自分でコントロールしたいと。

 

相手の態度でいちいち自分の考えや態度が変わるようでは、自分の人生の主導権を相手に与えているようなものです。

 

他人に人生を支配されている限り、決して幸せにはなれないでしょう。

 

 

もちろん僕も100%これを実行できているかと言われれば、まだまだ反応的になってしまうこともあります。

 

でも「どんなときも自分を貫く」と決心し、意識し続けることで少しづつ変わってきています。

 

相手の態度にかかわらず自分から与えることができれば、確実にあなたとあなたを取り巻く環境は好転するでしょう。

 

おわりに

 

今日ご紹介した考え方は、人間関係を円滑にし、幸せに近づくには非常に大切だと思います。

 

ただし、やろうと決意してすぐにできるようになるものではありません。

 

無意識レベルでできるようになるためには、意識的な努力が必要です。

 

まずは自分の身近にいる、大切な人に対してこちらから与える意識を持って行動してみましょう。

 

大切な人をいい気持ちにさせたいという思いが、きっとあなたのこともいい気持ちにさせてくれますよ!